CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


庭の様子や私の日常の記録として
イタリア旅行 
 
今回はフィレンツェでの2日目を紹介します。

フィレンツェに到着した翌日、私は一人でクレモナまで行ってみようと思い立ち
従姉と別行動することにしました。
クレモナへ行くなんて全く計画していなかったのですがせっかくだからココはおさえて
おこう!なんてまぁ無謀な事を考えたものです。
目的はヴァイオリンの聖地を実際に見てみたかったんです。


朝、ホテルを出発してセント・マリア・ノベッラ駅で列車を待っているところです。
既に心細くなっています。


急行列車に3時間も乗ってやっとピアセンツァの駅に到着しました。
かなりローカルな感じの駅でした。
列車の中でも「ちゃんと着けるのかしら?」と緊張でハラハラドキドキでした。

ここからは長距離バス(約50分ほど)に乗り換えなんです。
どこのバス停から乗れば良いのかも全く分からず駅員さんに聞いてみましたが英語が通じ
ません。イタリア語しか話してくれないんです。
もう既に泣きそうです
けど何とかバスに乗ることはできたんですよ。助けてくれる人がいるもんです


クレモナに着きました。
想像していた街並みと全然違〜う。
私が想像していたのは古くて小さい町でヴァイオリンの工房がいっぱいあってトントンと
木槌の音が響いているような


四苦八苦してやっと「ヴァイオリン ミュージアム」に着きました。
アントニオ・ストラディバリ氏の像です。
この場所で彼はヴァイオリン制作をしていたのですね。
ちなみに私のヴァイオリンもストラド・モデル(ストラディバリウス型)なんですよ


この階段を上がったところがミュージアムです。
が観客なんて私一人っきり。本当に寂しいところでした。


威厳はあるんですけどね。

ザッと見学した後、ヴァイオリン工房とかあるのかなぁと散策してみましたがソレらしき
ものは見当たりません。
人に聞いてみましたがヴァイオリン工房はこの街にはないよ!と言われました。
もう残念です。
やはりちゃんと調べてから来るべきでした。
しかも私、道に迷っているらしく 持っている地図と自分が居る場所が一致しなくなり
ました。
イヤ〜焦りました。

街の中はほとんど人が歩いていません。
聞きたくても聞ける人が見当たらない感じです。

私、どーなるんだろ?って本当に不安になりました。
けどやはり助けてくれる人はいるんですよねぇ。
一度教えてくれたマダムが追いかけてきて「違う、違う。こっちの道よ。」って導いて
くれたり、拙い私の英語を何度も聞き返してくれたり・・・。
今、思い出しても涙が出そうになります。
優しいイタリア人にいっぱい出会いました。


帰りはクレモナの駅から各駅停車の電車に乗りました。


そしてユーロスターに乗り換えです。


最後、こんな電車にも乗りました。


ホテル前を走っている路面電車です。


ここがフィレンツェで2泊したホテルです。


最後にクレモナで買ったヴァイオリンのネック(お土産品)

posted by オカピのガーデニングブログ | 16:47 | イタリア旅行 | comments(2) | trackbacks(0) |
イタリア旅行 


ローマに4泊した後、この日はフィレンツェへ移動しました。 
ユーロスター初乗りです。


ローマ、テルミニ駅から出発です。


全席指定席です。
ホームには親切なポーター(かっぷくの良いおじさん)が居て、ちゃんと案内してくれます。


車窓から  ガラスに車内が映り込んでますね(汗)


トスカーナ地方の田園風景




ハイ、お昼頃にはフレンツェに到着しました。
さっそく街中に出てみました。
ドゥオモです。


左がドゥオモで、右がジョットの鐘楼


ここのテラスでランチしました。




ものすごく美味しかった


オシャレなお菓子屋さん


植栽がシックだなぁと思って。


人がいっぱい。
けど明らかにローマとは違ってますねぇ。
お店も歩いている人も少しあか抜けてます。


奥に見えるのが有名なポンテ・ヴェッキオ


ポンテ・ヴェッキオの上から河をみたところ


ヴェッキオ橋の上はこんなお店がズラリと並んでいます。


ほとんどが貴金属のお店です。


ピッティ宮殿に着きました。


宮殿内の窓からボーボリ庭園を見たところ


ピッティ宮殿の中は2階がパラティーナ美術館です。


3階は近代美術館になっています。
こんなに沢山の絵画があって何が何やらもう分からなくなってきました。






ボーボリ庭園に入ってみました。
あまりの暑さに入場者はほとんどいませんでした。


坂を登り詰めて下の宮殿を見下ろしたところ。


フィレンツェの街並み






TVなどで良く目にしますよね。路面にチョークで絵を描いている人。
直ぐに消えちゃうのに・・・とってもお上手なのでもったいないなぁと思いました。
posted by オカピのガーデニングブログ | 14:24 | イタリア旅行 | comments(4) | trackbacks(0) |
イタリア旅行 
 ローマ滞在 4日目 のご紹介です。

この日は「一日中ヴァチカンにどっぷり浸かるぞぉ!」と決めてました。

ダ・ヴィンチ・コード読みました?
まさにアノ世界を体感できるんだわ・・・とワクワクでした。

地下鉄を乗り継いでやってきました。
まずはヴァチカン美術館です。
開館前からかなりの行列ができるとガイドブックにも書かれていたので
早めに出たのですが既に長蛇の列。
入り口なんてどこにあるのか全く見当もつきません。
とにかく最後尾に並びましたよ
周りはありとあらゆる国の人々ですし、ありとあらゆる言語が飛び交ってました。
ちょっと怖かった 


美術館の中庭です。


館内を回っている時に窓から覗いて外の街並みを撮ってみました。


ラオコーン




床のモザイクタイル


広い回廊にはずっとこんな天井画が描かれています。一つ一つ見てたらきりがないです。




とにかく広くて、広くて・・・。
今、自分がどこのあたりを歩いているのか分からなくなります。


地図のギャラリー(の天井画)


こんな超有名な絵画が次々に並んでいると感覚がマヒしてきます。


カラバッジョの最高傑作「キリストの埋葬」




ラファエロ 
上が下書きで下が完成品です。2枚あったんですね。
並べて展示してありました。


レオナルド・ダ・ヴィンチ作 未完成の「聖ヒエニムス」

最後にシスティーナ礼拝堂へ入りました。
大きな体育館(たとえが貧相でスミマセン)のような一つの空間の中にギッシリと
隙間なく人が立った状態でほとんど動きません。
コレ想像できるかしら
おしゃべり禁止、勿論写真撮影禁止です。
ものすごい数の人間がただただジッ〜と壁面を見つめているんです。
四方を囲む壁面の一枚全部がミケランジェロ作「最後の審判」なんです。
さすがに息を呑む迫力です。

心無いアホな誰かがフラッシュなしでパチリと写真を隠し撮りするのを発見。
するとすかさず恐〜いオジサンがササッと近づいてきてその場で没収されました
だからダメって言ったでしょ。見逃しませんよぉ。


館内の美しい螺旋階段


美術館を出て、今度はサン・ピエトロ大聖堂へ
ここもまたまた並びました。フ〜




ミケランジェロ作「ピエタ像」 






ヴァチカン市国 教皇の執務室への入り口に立っている衛兵(実はスイスからの助っ人)

もうクタクタになりました。

次回はユーロスターに乗ってフィレンツェへ移動します。







posted by オカピのガーデニングブログ | 13:34 | イタリア旅行 | comments(2) | trackbacks(0) |
イタリア旅行 
 今日はイタリア旅行 3回目(ローマ滞在3日目)をご紹介します。


朝食後、ホテル近くのバス停から62番の路線バスに乗りました。

朝の通勤時間帯のバスの中は「これからお仕事行きます!」って感じの人ばかりで
観光地気分ではないです。
私達が地図を広げて吊革にぶら下がりながらコッチかなぁ?アッチかなぁ?と小声で
しゃべっていたら目の前に座っていた男性がソコへ行くなら次の次のバス停で降りて
バスの進行方向と逆に歩いて・・・と教えてくれました。
「イヤ〜ご親切にありがとうございます!」とお礼を言ったら「さぁ、今のうちに
もう一度シュミレショーンしてみて。」と指導されました。
私達がよっぽど心配になったとみえます
↑この写真はバスを降りたところです。


パンテオンに着きました。
16本の円柱のある入り口です。馬車も停まってました。


パンテオンの前を歩く女性。


内はこんな感じです。


言葉を失います。スケールがデカッ!


少し歩いてナヴォーナ広場に着きました。
3ツの噴水が並ぶ広場です。
これは中央にあるベルニーニ作の「四大河の噴水」です。



またまた歩いて(ものすごい暑さで既にバテ気味でしたが)トレヴィの泉に着きました。
コイン投げませんでした
オノボリサンみたいで恥ずかしかったからです。


次はスペイン広場です。


スペイン広場の上からコンドッティ通りを見たところ。


スペイン広場近くのカフェでピザ食べました。
特別美味しいとは感じませんでした


地下鉄を乗り継いでポポロ広場に行きました。
広場中央に立つ高さ36mのオベリスクは初代皇帝アウグストゥスがエジプトから持ち帰った
ものだそうです。


暑くて暑くて歩いて回る気力を失いました。
市内には路面電車も走ってます。


帰りに、ローマ四大聖堂の一つ「サンタマリア・マッジョーレ教会」に寄りました。


天井画です。






私達が4泊したホテルの部屋です。(ドアを開けて入ったところ)


ベットはダブルに見えますが寝る時は分離できます。
壁紙とか装飾品が・・・ウ〜ン馴染めな〜い。




ホテルから歩いて数分のところにあるBARで夕飯です。
近辺の住民やお仕事帰りのサラリーマンが立ち寄るお手軽な居酒屋っぽいところです。
周りのお客さんが美味しそうなお野菜のソテーみたいなのを食べていたのでアレ下さい!と。
「何かお野菜食べたかったんよねぇ」なんて笑いながら。







posted by オカピのガーデニングブログ | 14:45 | イタリア旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
イタリア旅行 
 2日目
ホテルで朝食後、地図を片手にテルミニ駅まで徒歩で。


歩いていると途中、いたる場所に噴水があります。
テルミニ駅で「ローマパス」を購入。これで市内のバス乗り放題よ。
観光地も入場料等が割引になります


コロッセオに着きました。歩いて行ったので汗が出ました。暑かった〜
さすが超有名スポットだけあって多国籍の人、人、人で溢れかえってます。
入場券売り場には長蛇の列ができてましたがローマパスがあるとサッと入れます。



お馴染みの写真ですよね。


コロッセオの隣がフォロ・ロマーノ








コンスタンティヌス帝の凱旋門


ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂です。
今年はイタリア統一150年の記念の年なので様々な催しが行われていました。


ヴェネツィア広場前から


ヴェネツィア広場の隣はミケランジェロが設計したカンピドリオ広場になっており
広場の中央にはローマ皇帝、マルクス・アウレリウスの騎馬像があります。


カンピトリーノ美術館に入ってみました。
ローマパスで無料になりました。


皇帝ネロがお酒に酔って女装して踊っている彫像です。


ふ〜疲れました。
やっとホテルまで帰ってきました。
ホテルの部屋のテラスに出て

posted by オカピのガーデニングブログ | 16:55 | イタリア旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
イタリア旅行 
今年は初夏の頃、イタリアへ行ってきました。
その時の様子を数回に分けて更新してみたいと思います。

旅行社が企画するツアーではなく全くの個人旅行です。
英語とフランス語が堪能なとっても心強い従姉におんぶに抱っこの二人旅です


関空からアリタリア航空を利用しました。
日本時間13時頃出発しイタリア・ローマには同日の18時頃到着します。
所要時間13時間、時差は8時間です。遠いです
夜は22時頃まで明るい(夏時間)ので1日が長い気がします。


ローマ市内・官公街にあるROMANICO PALACE HOTELに4泊しました。
ここがローマでの拠点です。
ホテル着後、近辺を歩いてみました。


特別な建物と言うわけでもないのに普通にこんな細工が目に入ってきます。





大きな通りに面した歩道にはこんなカフェがたくさんあります。


ホテルから数分歩いたところに「ボルゲーゼ公園」がありました。
ただただ広いって感じ。


ホテルロビーの一角です。

次回は2日目を紹介しますね。
posted by オカピのガーデニングブログ | 13:06 | イタリア旅行 | comments(2) | trackbacks(0) |